中部5県の輸出額2.1%減 19年、車部品や工作機械振るわず

中部
2020/1/24 19:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋税関が24日発表した2019年の管内貿易概況(速報)によると、中部5県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)全体の輸出額は前年比2.1%減の18兆9826億円だった。3年ぶりに減少した。中国の景気減速などで自動車部品や工作機械の輸出が落ち込んだ。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2年連続で減少した。

輸出額を品目別でみると、自動車部品が8.2%減った。中国の現地自動車メーカーの不振でギアボッ…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]