パッケージの好感度をAIで予測 カルビーが製品活用

コラム(テクノロジー)
2020/2/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カルビーは2019年10月、ジャガイモのスナック菓子「じゃがりこ」ブランドから派生した「とうもりこ」と「えだまりこ」をリニューアル発売した。両商品のパッケージデザインは、人工知能(AI)が好意度を予測する「パッケージデザイン好意度評価予測AIサービスシステム(以下、好意度予測AI)」で決定し、話題となっている。

好意度予測AIとは、パッケージデザイン開発とマーケティングリサーチを手掛けるプラグが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]