/

この記事は会員限定です

真珠養殖が存続の危機 貝の大量死で「骨董品」に?

[有料会員限定]

約130年前、日本人がアコヤ貝を使って世界で初めて養殖に成功した真珠。虹のような輝きが特徴の国産真珠の養殖が存続の危機に直面している。原因は昨年夏に発生したアコヤ貝の謎の大量死だ。今後数年にわたり生産量が激減するのは必至。価格も上昇しつつあり、一般消費者の手に届きにくい「骨董品」になるとの懸念が広がる。窮地に立つ産地を訪ねた。(阿部晃太朗)

昨年12月下旬、三重県志摩市船越地区は、アコヤ貝の中で育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン