/

この記事は会員限定です

止まらない十勝の落花生、10年で300倍の野望へ一歩

北海道・食の王国

[有料会員限定]

落花生といえば十勝、の時代がやって来るかもしれない。農家や金融機関、大学が4年の歳月を費やして完成させた「十勝グランナッツ」は、さっぱりとした甘みで評判も上々。10年で生産量を300倍に引き上げるという壮大な未来に向け、一歩を踏み出した。

2015年の研究開始から4年、昨年11月に完成した「レトルトゆで落花生」を札幌市内のコープさっぽろの店舗などで発売したところ、1万袋の出荷分が1カ月で完売した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン