家族の変化と社会保障(6) 介護に伴う大きな負担
東北大学准教授 若林緑

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2020/1/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高齢者に対する介護や世話といったサービスの提供も、家庭や家族の機能の一つです。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」では3年に一度、世帯の介護に関する事項を調べています。2016年の調査では世帯員に介護が必要となったとき、誰が介護しているかがわかります。要介護者との続き柄では配偶者(約25%)、子(約22%)、子の配偶者(約10%)の順で、全体の約6割が同居の家族です。介護保険が導入されて15年以上…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]