潜在成長率は3~4%? 発電量でみた中国経済
中国総局 原田逸策

グローバルViews
コラム(国際)
2020/2/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の2019年の国内総生産(GDP)は物価の変動をのぞいた実質で前年より6.1%伸びた。20年代の中国経済はどうなるのだろうか。発電量に注目して調べてみた。

なぜ発電量に注目するのか。もともと計画経済だった中国では生産側の統計が充実しており、発電量は建国当時まで遡ってデータを取れる。さらに発電量は経済全体の動きを映す。最近のデジタル経済も豊富な電力抜きには考えられず、工業化が峠を越しても重要な…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]