紙の出版物、15年連続で販売減 出版科学研調べ

2020/1/24 14:38
保存
共有
印刷
その他

出版業界の調査研究機関、出版科学研究所(東京・新宿)は24日、2019年の市場規模を発表した。紙の出版物の推定販売金額は18年比4.3%減の1兆2360億円で、15年連続のマイナスとなった。電子書籍市場は伸びているが、紙の出版物で販売低迷に歯止めがかからない出版不況の状況が続いている。

内訳では紙の書籍が3.8%減の6723億円、雑誌が4.9%減の5637億円だった。紙の雑誌の落ち込みが大きかっ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]