/

この記事は会員限定です

トップ選手はラボ 健康医療に還元

Tokyo2020 技術で超える(2)

[有料会員限定]

筋力トレーニングの班分けはポジションでも主力と控えでもなく遺伝子――。Jリーグ入りを目指す福島県のサッカークラブ「いわきFC」は全選手が遺伝子検査を受検し、そのタイプから瞬発系のRR、持久系のXXなど3班に分けてメニューを作成している。

先天的な速筋・遅筋の発達のしやすさを調べることでケガの発症リスクを抑える。「個々に合わせて練習の効果を上げられる」と鈴木秀紀パフォーマンスコーチ。筋肉の硬さや疲労...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン