甘利氏、首相の任期内改憲「かなり厳しい」

2020/1/24 14:06
保存
共有
印刷
その他

自民党の甘利明税制調査会長は24日、安倍晋三首相の2021年9月までの3期目の党総裁任期中に憲法改正を実現することについて「時間的にはかなり厳しい」と話した。「あまり拙速は取るべきではない。なぜ必要かという環境整備はギリギリまでしていくだろう」と強調した。党本部で記者団に語った。

総裁4選の可能性については「3期いっぱいを全力で走り抜けたいという思いがほとんどではないか」と述べた。「ポスト安倍」候補に関し「一番先頭を走っているのは岸田文雄政調会長ではないか」と指摘した。理由として「幅広い党内の支持が得られることと大変人柄が良い」と説明した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]