/

大和ハウス工業・芳井敬一社長の講評

先日、実家で建てた古いアパートの解体に立ち会ったのですが、その場所から戦後すぐに作られた餅箱が出てきました。私も小学校時代に使っていたもので、思い出に父親が残していたのです。何ともいえない懐かしさと家族の温かみを感じました。

芳井敬一 大和ハウス工業社長

皆さんのご提案もそんな家族との和や絆、近所とのつながりを大切にし、古い家も残してほしいといったものが多かったように思います。「長屋住まいに学ぶ」は江戸時代の庶民の暮らしを今日になぞらえたご提案ですが、近所とのお付き合いを大切にしつつ、エネルギー消費にも配慮した街づくりを目指すアイデアだと思いました。

古い建築物の建て替えが増えていますが、「そこにある価値を」は昔の街並みを残してほしいというご提案です。神戸の税関が改築された時もファサードなどの外観が残されたのはよかったと思います。新しい建物をゼロから建てるよりコストはかかりますが、やはり見慣れた建物がそこになくなるというのは寂しいものです。

「空間の記憶伝える」も思いは同じかと思います。しかし、こちらは今の記憶を未来に向けて残してほしいというご提案です。ほかにも5年前、10年前の家の様子を動画で自動的に残せたらというご意見もありました。この点では私たちもまだ十分に対応できていませんが、人工知能(AI)やセンサー技術などを使えば、今後実現できることだと思っています。

興味深かったのは9歳の小学生からの投稿でした。前回、この欄で「ワクワクドキドキ帰りたくなる家」を聞いたところ「お母さんが怒らない家」と答えてくれた女の子です。今回は「結婚しても、大好きなお母さんがいる家」ならずっと訪れたいと書かれていたのがとても印象的でした。

私たちも中古住宅の仲介や改築を手掛ける「リブネス」事業を通じ、古き良き時代を未来へつなげていきたいと思います。

◇――――――――◇

今回はこんなことができたらいいなというツールに関する提案と、家族や地域とのつながりや思い出を大切にしたいといった提案が多かったと思います。ずっと住み続けたくなる家はそんな利便性と心のやすらぎが共存する場所ではないでしょうか。

ハリウッド映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で紹介された便利な道具は、タイムマシンなどを除けばほとんど実現しましたが、そこで一貫して大切だったものは家族との愛情でした。そんな温かいぬくもりを感じられる家が欲しいものです。(客員編集委員 関口和一)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関口 和一

カバージャンル

  • 情報技術(IT)
  • ベンチャー経営
  • コンテンツビジネス

経歴

1982年に入社し、流通経済部記者、フルブライト米国留学、英文日経キャップ、ワシントン支局特派員、産業部電機担当キャップを経て、96年から24年間、編集委員を務めました。現職は客員編集委員です。この間、論説委員として15年間、情報技術(IT)分野などの社説を執筆しました。日経主催の「世界デジタルサミット」「世界経営者会議」のモデレーターも20年以上務めています。年間10回近い海外出張をこなし、今もIT分野における世界の最先端情報を追っています。

活動実績

2020年6月30日 BSテレ東「日経スペシャル 小谷真生子の未来ニュース アフターコロナを制するビジネス」出演
2020年6月8日 BSテレ東「日経プラス10」で澤田純NTT社長をゲストに「『新デジタル社会』コロナで変わる未来」対談
2020年6月8日 「世界デジタルサミット2020 5G and NEXT」でパネルディスカッション「新型ウイルスが促すデジタル変革」モデレーター
2019年10月17日 日経ビジネスイノベーションフォーラムのクロストークモデレーター
2019年4月20日 早稲田大学エクステンションセンター講義
2019年3月25日 ミルケン・インスティチュート・ジャパン・シンポジウム2019
2019年2月6日 日経FTラーニング ローンチイベント 「2020 & Beyond」
2018年11月27日 PR3.0 Conference
2018年11月6,7日 第20回日経フォーラム「世界経営者会議」

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン