/

この記事は会員限定です

急転直下のIR見送り 千葉市長、汚職など背景に

潜望展望

[有料会員限定]

「今回、国から示されたスケジュールでの誘致は行わないという結論に至った」。千葉市の熊谷俊人市長は1月7日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致見送りを表明した。計画に前向きな民間団体への個別ヒアリングをする中での急転直下の最終決断。2019年末までは前向きともとれる発言をしていただけに、関係者に波紋が広がる。

記者会見で熊谷市長は、12月に入り誘致見送りの方向に舵(かじ)を切り始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン