/

病児保育支援にグランプリ 経産省コンテスト

ビジネスコンテスト部門でグランプリを受賞したシーアイ・インクの園田正樹社長(撮影:日経 xTECH)
日経クロステック

経済産業省は23日、「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」を都内で開催した。ビジネスコンテスト部門では5社のファイナリストが登壇して最終プレゼンを実施し、病児保育プラットフォーム「あずかるこちゃん」を手掛けるCI Inc.(シーアイ・インク、東京・中央)がグランプリを獲得した。

あずかるこちゃんは、病児保育施設と利用者をつなぐプラットフォーム。病児保育施設をスマートフォンなどの地図上で検索でき、空き状況を確認して予約できる。将来はデータベースを活用して子育てのアドバイスといった新たな事業の展開も狙う。シーアイ・インクの園田正樹社長は受賞後のスピーチで「強いチームをつくって、世の中にインパクトを与えていきたい」と話した。

医療・介護の現場などで生まれたアイデアの発掘などを目指して前回のコンテストから新設されたアイデアコンテスト部門では4人が最終プレゼンし、介護ワークシェアリングサービス「カイスケ」を手掛けるカイテク(東京・港)がグランプリを受賞した。

(日経 xTECH/日経デジタルヘルス 河合基伸)

[日経 xTECH 2020年1月23日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン