「つらい時期かな」 社外取締役が見るパナソニック

日経ビジネス
2020/1/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年、創業102年を迎えるパナソニック。12年に就任した津賀一宏社長はプラズマパネル事業からの撤退など大胆なリストラで業績を急回復させたが、足元では停滞感が漂う。車載事業など期待していた成長事業が思うように伸びなかったことが大きいが、グローバル化やデジタル化など、あらゆる産業を覆うパラダイムシフトに対応し切れていない面は否めない。経営コンサルタントで、パナソニックの社外取締役を務める冨山和…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]