/

この記事は会員限定です

投信の運用効率、下がっていない? 成績など定期点検

資産配分の調整も

[有料会員限定]

投資信託を長期保有していると、景気の浮き沈みや金融政策の変更、地政学リスクの高まりなど様々な要因で残高が増減する。頻繁に売買する必要は無いものの、資金を投じたまま放っておくと、いつの間にか運用効率が低下していたなどの事態に陥りかねない。安心して投資を続けるためにも、投信の保有状況は定期的に点検した方がよさそうだ。

保有投信の主な点検項...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン