逆転有罪は証拠調べ不可欠 64年前の判例、今も有効

2020/1/24 9:35
保存
共有
印刷
その他

一審で無罪となった事件について、二審が証拠を調べ直さずに有罪に覆すことは許されない――。こうした64年前の最高裁判例が今も適用されるかどうかが焦点となった刑事裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は24日までに、「判例の正当性は失われていない」として、適用されるとの判断を示した。

審理されたのは詐欺など複数の罪で起訴された男(35)の事件。一審・千葉地裁判決は一部を無罪としたが、2…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]