/

NYダウ3日続落、26ドル安 ナスダックは最高値更新

【NQNニューヨーク=戸部実華】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。前日比26ドル18セント(0.1%)安の2万9160ドル09セントで終えた。新型肺炎の感染拡大が投資家心理の重荷となり、一時は200ドル超下げた。世界保健機関(WHO)が新型肺炎について、緊急事態宣言を見送ると急速に下げ渋った。

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎については23日、シンガポールなどでも感染者が確認された。中国政府は23日に武漢市に加えて新たに2都市の交通機関の運行を停止し、経済的な悪影響が広がるとの見方から投資家心理が悪化した。

ダウ平均は朝方に一時219ドル安まで下げたが、午後に入って急速に下げ幅を縮めた。WHOが新型肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」の宣言を見送ったと伝わり、過度な警戒感が後退した。これを受けて米長期金利が低下幅を縮め、金融株の下げ渋りにつながった。

個別では23日に発表した決算が売り材料視された保険のトラベラーズが5%強下げ、ダウ平均の重荷となった。23日発表した2019年10~12月期決算で保険料収入が市場予想に届かなかった。中国での生産や販売比率が高いスポーツ用品のナイキや化学のダウも売られた。

一方、航空機のボーイングが3%近く上昇した。23日の取引終了後に決算を控えていた半導体のインテルも業績期待から先回りの買いが入った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比18.710ポイント(0.2%)高の9402.478と17日以来3営業日ぶりに過去最高値を更新した。アナリストが投資判断を引き上げた半導体のウエスタンデジタルが大幅に上昇し、同業にも買いが波及した。動画配信のネットフリックスは7%強上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン