緊急事態宣言は「時期尚早」 WHOの会見要旨

新型肺炎
ヨーロッパ
2020/1/24 4:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について世界保健機関(WHO)は23日、緊急会合を開いた。「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを討議したが、「時期尚早」として宣言は見送った。記者会見での専門家やWHO幹部の主な発言は次の通り。

フサン委員長(仏国立食品環境労働衛生安全庁アドバイザー)

緊急会合の結果、現段階では中国での新型コロナウイルスは「国際的に懸念…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]