/

この記事は会員限定です

G20「環境問題で合意目指す」 ダボスでサウジ経済相

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=細川倫太郎】サウジアラビアのトワイジリ経済企画相は日本経済新聞社のインタビューに応じ、同国がホストを務める11月の20カ国・地域(G20)会合について「環境問題で合意形成を目指したい」と述べた。経済の脱石油依存と産業の多角化に向けた環境政策も訴え、国家イメージの改善につなげる狙いだ。

トワイジリ氏はスイス東部ダボスで世界経済フォーラム(WEF)が開催した年次総会(ダボス会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン