WHO、緊急事態宣言を見送り 新型肺炎で「時期尚早」

新型肺炎
2020/1/24 3:57 (2020/1/24 5:57更新)
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について世界保健機関(WHO)は23日、2日連続となる緊急会合を開いた。各国の専門家らが「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」を宣言するかどうかを討議したが「時期尚早」との理由で見送った。テドロス事務局長は会合後の会見で「緊急事態に当たるどうかで意見が割れた」と語った。

WHOの専門家によると、23日の緊急会合では深刻さ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]