衆参代表質問の詳報

2020/1/23 22:01
保存
共有
印刷
その他

質問する福山哲郎氏(立憲民主・国民.新緑風会・社民)=共同

質問する福山哲郎氏(立憲民主・国民.新緑風会・社民)=共同

▽首相に混乱の責任 福山哲郎氏(立憲民主・国民.新緑風会・社民、京都)

「桜を見る会」を巡り、公的行事の私物化、後援会向けの「前夜祭」に関する公選法違反などの疑いが、安倍晋三首相自身にかけられている。全ての混乱の責任は首相にある。これ以上の隠し立てや虚偽答弁を繰り返さず、全容解明の責任を果たした上で辞めるのが潔い身の処し方だ。

首相は、前夜祭に関するホテル側の見積書や明細書の国会への提出について「営業の秘密に関わる」としている。ホテルに迷惑をかけない国会秘密会で明らかにしてもらいたい。

首相の後援会は、会場の東京・新宿御苑にバスで入園したと聞くが、参加者は手荷物検査を受けたのか。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を担当する内閣府副大臣だった秋元司衆院議員が逮捕された。任命責任をどう考えるか。IR整備は、いったん立ち止まって白紙にするべきだ。日本にカジノは必要ない。

辞任した菅原一秀前経済産業相や河井克行前法相は説明責任を果たすとコメントしたが、2カ月半、雲隠れした。説明責任を果たしたと考えるか。任命権者として、この事態を国民にどう説明するのか。

週刊誌報道によると、公選法違反の疑いで家宅捜索を受けた河井案里参院議員の地元自民党支部に対し、参院選前の3カ月間で自民党から約1億5千万円が入金された。首相の秘書が選挙を手伝っていたとも報じられている。事実か。

質問する岡田広氏(自民党・国民の声)=共同

質問する岡田広氏(自民党・国民の声)=共同

▽逃亡の要因分析を 岡田広氏(自民党・国民の声、茨城)

東京五輪・パラリンピックはテロとの戦いでもある。前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した。テロ対策、特に水際対策は大丈夫なのかと不安を覚える。要因を徹底的に分析し「さすがは日本」と評されるような、スムーズな出入国管理や税関検査を実現しなければならない。

大学入試改革に当たっては、受験生を第一に考えた上で、公平性を確保し、万全の体制と十分な準備時間をととのえてから進めるべきだ。

質問する斉藤鉄夫氏(公明)=共同

質問する斉藤鉄夫氏(公明)=共同

▽感染の拡大防止を 斉藤鉄夫氏(公明、比例中国)

中国の武漢市で新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎の発症が相次ぎ、世界的な感染拡大が懸念されている。春節(旧正月)に入ることから、多くの中国人観光客の訪日が予想される。検疫所での健康状態の確認など水際対策に万全を尽くしてほしい。感染拡大の防止に向けて、関係省庁が緊密に連携し、国民への迅速かつ的確な情報発信に努めてもらいたい。

自衛隊の中東派遣の必要性や目的、(隊員の)安全確保について国民に十分理解されているとはいえない。丁寧な説明を求める。

質問する志位和夫氏(共産)=共同

質問する志位和夫氏(共産)=共同

▽血税を使った買収 志位和夫氏(共産、比例南関東)

「桜を見る会」で第一に問われるのは、安倍晋三首相が国民の血税を使って地元有権者を買収していたのではないかという疑惑だ。首相の事務所が推薦した人は何人で、そのうち内閣官房と内閣府の判断で招待しなかった人は何人いるか。事実上、ノーチェックで招待されていたのではないか。

政府は2019年の招待者名簿を「会の終了後、遅滞なく廃棄」した。1年以上保存すべきで、公文書管理のガイドライン違反だ。安倍政権が名簿の組織的隠蔽を図ったことを疑問の余地なく示している。

自衛隊の中東派遣は、トランプ米大統領が呼び掛けた「有志連合」に事実上応える形で進められている。米国とイランに軍事衝突が起きれば、自衛隊は米軍と共に戦争することになる。安倍政権の対応は米国の「お先棒担ぎ」そのものだ。

質問する馬場伸幸氏(維新)=共同

質問する馬場伸幸氏(維新)=共同

▽IRの準備進めよ 馬場伸幸氏(維新、大阪)

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡る汚職事件で、自民党(後に離党)の国会議員が逮捕された。事件とIR推進という政策は全く別次元の問題で、政府は必要な準備を粛々と進めていくべきだ。公平性、公正性について国民に二度と疑念を与えてはならない。事業者との接触ルールを厳格化すべきだ。

日本が抱える具体的な課題を解決するため、憲法改正を行うべきだ。安倍晋三首相の来年9月までの自民党総裁任期中に改正を実現させるのは容易でない。改憲論議が停滞するならば、衆院の解散・総選挙に踏み切り、国民の信を問う覚悟はあるか。

参院本会議で立憲民主・福山幹事長の質問に答える安倍首相(23日)

参院本会議で立憲民主・福山幹事長の質問に答える安倍首相(23日)

▽私の責任で見直す 安倍晋三首相

【桜を見る会】会場の新宿御苑への入園に際しては、団体で来てもらうことが受け付け効率化の観点から適当な場合にバスでの入園を認めるケースがあり、手荷物検査を免除する場合もあるとのことだ。前日開催した夕食会の明細書は、第三者への公開を希望しないとのホテル側の意向を尊重すべきだ。

桜を見る会と夕食会の内容は、国会などの場で可能な限り説明している。隠し立てや虚偽答弁との指摘は当たらない。桜を見る会は長年の慣行の中で行われてきたが、さまざまな批判を国民から頂いている。真摯な反省の上に私自身の責任で、全般的な見直しを行う。(福山哲郎氏への答弁)

私の事務所から何人を推薦したかは、既に記録は残っておらず、詳細は明らかでない。内閣官房が確認した結果、私の事務所から推薦を行ったもので招待されなかった例もあった。具体的な人数は、名簿も廃棄されていて定かでない。

昨年の招待者名簿の廃棄は、公文書管理に関するガイドラインにのっとった対応と考えており、組織的隠蔽を図ったとの指摘は当たらない。(志位和夫氏への答弁)

【IR汚職事件】IR(カジノを含む統合型リゾート施設)は、家族で楽しめるエンターテインメント施設として観光先進国の実現を後押しするものと考えている。(整備地域の選定に関する)基本方針は、カジノ管理委員会や国会での議論を踏まえ、丁寧に策定作業を進めている。(福山氏への答弁)

(政府関係者と事業者の)接触ルールの策定も基本方針に盛り込むことを検討する。(馬場伸幸氏への答弁)

【2閣僚辞任】国民には大変申し訳なく、任命責任を痛感している。(福山氏への答弁)

【自衛隊中東派遣】日本関係船舶の安全確保のため、わが国独自の取り組みとして情報収集態勢を強化する。(斉藤鉄夫氏への答弁)

米国と情報共有しても、わが国が米国の指揮統制を受けることはなく、米国のニーズに応じて活動を行うわけでもない。わが国独自の取り組みだ。他国による武力攻撃が発生しているような状況下で、わが国が武力紛争に巻き込まれるような形で行うものではない。(志位氏への答弁)

【ゴーン被告逃亡】不法に出国した事態は誠に遺憾だ。同様の事態を招かないよう関係省庁が連携し、出国時の手続きの厳格化を図っている。東京五輪・パラリンピックを半年後に控え、テロ対策の重要性は高まっていく。出入国管理や税関検査などを高度な次元で円滑かつ厳格に実施するため、人的・物的な備えを確実に行う。安全かつスムーズに開催されるよう、対策に万全を期す。(岡田広氏への答弁)

【新型肺炎】中国・武漢の感染症危険情報レベルを引き上げ、不要不急の渡航はやめるよう促している。中国からの全航空便で体調不良の自己申告を機内アナウンスで呼び掛けるよう要請する。日本入国後に発熱などの症状が出た場合の留意事項を記載した健康カードについて、中国からの全ての便に配布対象を拡大することを各航空会社に求めている。検疫での水際対策強化を図る。感染拡大防止に全力を尽くす。(斉藤氏への答弁)

【大学入試改革】受験生や国民に納得してもらえるものを目指す。(岡田氏への答弁)

【憲法改正と衆院解散】憲法審査会で活発な議論が展開されることを強く期待する。現時点では(衆院の)解散は頭の片隅にもないが、今後も政治を前に進めていく上で、信を問うべき時が来たと考えれば、解散・総選挙を断行することにちゅうちょはない。(馬場氏への答弁)

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]