スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

豪栄道、大関陥落 「力がなかったということ」

2020/1/23 21:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

勝負に懸ける執念や気迫で劣ったわけではないからこそ、この黒星の意味が豪栄道の背中に重くのしかかる。2桁白星で大関とりの望みをつなぎたい朝乃山の若い力が、33歳のベテランの意地をのみ込んだ結びの一番。世代交代の流れに抗しきれず、5年半務めた大関の地位を手放すことになった。

【関連記事】
豪栄道、大関陥落 史上10位の在位33場所
正代、徳勝龍が1敗守る 2敗に貴景勝 初場所12日目

立ち合いで先手を取っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

3月1日の東京マラソンは一般ランナーなしで開催することになった=共同

 新型コロナウイルスによる肺炎の影響が、スポーツ界でも広がり始めている。
 3月1日に開催される東京マラソンは、 …続き (17:43)

朝稽古で胸を出す朝乃山=手前右(14日、東京都墨田区)=共同

 大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)で大関昇進を懸ける関脇朝乃山が14日、東京都墨田区の高砂部屋で、若手力士にぶつかり稽古で胸を出すなどして東京での稽古を打ち上げた。近大出身の大器は …続き (14日 17:07)

 大相撲の東前頭筆頭、遠藤(29)=本名遠藤聖大、石川県出身、追手風部屋=が9日、日本相撲協会に「右変形性肘関節症で手術加療を行う予定。術後約3週間の加療が必要」との診断書を提出し、トーナメント大会を …続き (9日 22:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]