サムスントップ悩ます「異色」判事 仰天発言の真意
ソウル支局長 鈴木壮太郎

朝鮮半島ファイル
アジアBiz
2020/1/24 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄の罪に問われたサムスン電子トップの李在鎔(イ・ジェヨン=副会長)被告の差し戻し審で、ソウル高裁の判事が李被告に投げかけた発言が波紋を広げている。判事の真意は何か。そして李被告の運命は――。

「サムスンに総帥も恐れる監視制度があったなら、こんな犯罪は考えもしなかったはずだ。米大企業の順法監視制度を参考にしてほしい」

■「やるべき仕事をしてほしい」

2019年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]