新潟・上越の菓子の三野屋、火災から救われた恩返し
(老舗の研究)

2020/1/23 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国民栄誉賞を受賞した女優の故・森光子さんが舞台で2000回以上も演じ続けた「放浪記」。1930年(昭和5年)に刊行された林芙美子のその原作には、現在の新潟県上越市の直江津駅に降り立った主人公が駅近くでだんごを買う光景が描写されている。

「この団子の名前は何と言うんですか?」

「ヘエ継続だんごです。」

「継続だんご……団子が続いているからですか?」

(新潮文庫「放浪記」より)

継続だんごは丸めた4つ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]