中国発全便で症状申告呼びかけ 水際対策を強化

新型肺炎
2020/1/23 18:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、厚生労働省は23日、検疫強化の対象を拡大し、中国からの全航空便について発熱などの自主申告を求めると発表した。これまでは武漢や上海発を対象にするとしていた。

厚労省によると、中国発の航空便は週2千便以上あり、機内アナウンスやカードで症状などの自主申告を呼びかける。日本入国後に発症した場合は迅速に医療機関を受診することも求める。

港湾施…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]