輸出にブレーキ、19年3年ぶり減 対中は下げ止まりも

2020/1/23 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年の日本の輸出額が3年ぶりに前年を下回った。世界経済の減速や台頭する保護主義の影響で、中国を含むアジアや米国、欧州向けなど主な輸出先で軒並みブレーキがかかった。ただ足元では中国向け輸出に下げ止まりの兆しが出ている。半導体需要が回復し、20年の輸出は増加に向かうとの見方も多い。

財務省が23日発表した貿易統計によると19年の輸出は76兆9278億円で前年比5.6%減った。輸入も原油価格の下…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]