中国GDP倍増 10年比、20年5.6%成長で「達成」
数値、遡り上方修正 新型肺炎が波乱要因

2020/1/23 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国共産党が掲げる2020年の国内総生産(GDP)を10年比で倍増する目標について、20年のGDPの実質成長率が5.6%でも達成できることがわかった。19年11月公表の経済センサス調査を受けて国家統計局が過去に遡って数値を改定したため、従来の試算よりハードルが0.6ポイント分下がった。ただ、新型肺炎という新たな波乱要因が出ており、達成できるかどうかは予断を許さない。

共産党は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]