米国産原油輸入、19年は3割増で最高に 脱中東は遠く

2020/1/23 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JXTGエネルギーなど石油元売りが原油調達の多様化を加速させている。米国からの2019年の輸入量は18年比で約3割拡大し年間の輸入量で過去最高を更新した。日本は原油の中東依存が約9割と世界的にも高く、米国とイランの対立など中東情勢の緊迫化で安定調達には分散化が必要だ。ただ一段の多様化には元売りのコスト負担などの壁もあり、脱中東依存には課題も残る。

財務省が23日発表した12月の貿易統計(速報、通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]