/

この記事は会員限定です

新白血病免疫療法 追いかける日本が勝つ道

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

一部の白血病で高い効果を発揮するなどがん治療の新技術として注目を集める「CAR-T療法」の開発で、日本の出遅れが鮮明になってきた。2019年5月にスイス製薬大手ノバルティスの新薬が日本でも登場したほか、安い中国製の治療薬も上陸する可能性が出ている。一方で、日本発の薬の臨床研究は遅れている。大学への支援や規制の緩和が求められる。

「1人目への投与がやっとできた」。独自の技術を使ったCAR-T療法の日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン