日立造船、ごみ焼却発電を無人化へ 「運営」受注狙う

2020/1/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立造船は人工知能(AI)を使ったごみ焼却発電施設の無人運転に取り組む。まず焼却炉やクレーンの操作を自動化し、人件費などを抑える。国内ではごみ処理施設の新設が伸び悩むとみられるが、更新工事は増える見通し。財政難に直面する自治体にごみ処理費用の削減効果を訴え、更新需要を取り込む。

日本IBMと組み、蒸気発生量といった情報から数分~数十分後の焼却炉内の温度などを予測する技術を2020年度に開発する。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]