/

この記事は会員限定です

島津製作所、成長加速に立ちはだかる巨人

京都支社 赤間建哉

[有料会員限定]

島津製作所の快走が続いている。主力の分析機器がけん引し、2020年3月期は7期連続の増収増益となる見通しだ。分析機器は02年に田中耕一シニアフェローがノーベル化学賞を受賞した島津のお家芸。これまでは市場の拡大を追い風に大きく利益を伸ばしてきたが、一段の成長には海外の巨大企業との競争が待ち受けている。

「新製品の拡充がうまくいっている」。14日に開いた事業説明会で島津の上田輝久社長はこの数年の好業績を振り返っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン