/

JR東日本、横浜タワーを5月30日開業 商業施設など

JR東日本横浜支社は23日、横浜駅西口で建設を進めている複合ビル「JR横浜タワー」を5月30日に開業すると発表した。地上26階地下3階のビルに商業施設のほか、映画館やオフィスが入る。タワーと接続するJRの改札を新設するほか、横浜駅を通る各私鉄とも行き来できるようにして利用客を呼び込む。

隣接地に建設しているJR横浜鶴屋町ビルは6月5日に開業する。同ビルにはホテルと商業施設が入る。東京五輪・パラリンピックの開幕までにJR横浜タワーとデッキでつなげる予定だ。両ビルのオフィスや保育施設などは4月から順次、稼働する。

桜木町駅前で6月下旬に開業予定の「JR桜木町ビル」に蒸気機関車(SL)を展示することも正式に発表した。明治時代に実際に運行していたもので、建物1階のエントランスに飾る。広川隆支社長は記者会見で、同駅が日本初の鉄道路線の発着駅だったことに触れ「鉄道の発祥の地だったことをPRしたい」と述べた。

各ビルの新設に合わせて、横浜駅と桜木町駅に改札口をそれぞれ1カ所新設する。利用客の利便性を高め、周辺の回遊性向上につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン