「超平行」が揺らぐとき 山川哲史氏
バークレイズ証券調査部長

エコノミスト360°視点
2020/1/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融市場は構造的な低インフレ環境下での「超」金融緩和が継続するなか、過去に類をみない低変動率で推移している。主要国の長期金利は低位安定、為替相場も「超平行(非ユークリッド幾何学における平行でもなく交差もしない2線の関係性)」と称すべき定常状態へと収れんしつつある。2020年中にも「超平行」に潜む不均衡が是正され、金融市場における変動率が正常化へと向かう場合、何が契機となるのだろうか。

第1は、割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]