/

この記事は会員限定です

「超平行」が揺らぐとき 山川哲史氏

バークレイズ証券調査部長

[有料会員限定]

金融市場は構造的な低インフレ環境下での「超」金融緩和が継続するなか、過去に類をみない低変動率で推移している。主要国の長期金利は低位安定、為替相場も「超平行(非ユークリッド幾何学における平行でもなく交差もしない2線の関係性)」と称すべき定常状態へと収れんしつつある。2020年中にも「超平行」に潜む不均衡が是正され、金融市場における変動率が正常化へと向かう場合、何が契機となるのだろうか。

第1は、割高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン