阿武隈川の治水事業 再始動 住宅立地見直しも

台風19号
2020/1/23 16:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年10月の台風19号で福島県と宮城県に大きな水害をもたらした阿武隈川の治水事業が再始動する。国土交通省が19年末にまとめた「緊急治水対策プロジェクト」は堤防整備や堆積土の除去などハード面の整備を一段と強化する方針を打ち出しているほか、周辺自治体に住宅立地の見直しなどソフト面の対策も求めているのが特徴だ。

「対策が実現すれば、被害が大きかった上流域の流量は3割程度向上し、安全性はかなり高ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]