/

この記事は会員限定です

熊本空港・八代港 外国人誘致へ魅力ある「港」に

変わる 熊本の玄関口

[有料会員限定]

「新しい熊本空港は、国際線就航数で地方空港トップを目指したい」。4月に完全民営化する熊本空港の運営を担う、熊本国際空港(熊本県益城町)の新原昇平社長は力を込める。

同社はアジアを中心に路線誘致を進め、現在の国際線4路線(うち2路線は運休中)を2027年度に11路線、51年度には17路線に拡大することを目標にする。競争が激しい海外航空会社の誘致を勝ち抜く切り札が、23年春に供用開始予定の国内線と国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン