スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

ボクシング岡沢「打たせずに打つ」 メダルに名乗り

2020/1/23 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近年国内外の統括団体で問題が露呈し、東京五輪に向けてマイナスイメージを負ったボクシングだが、日本勢は精鋭ぞろいだ。中でもエース格なのが初出場だった昨年の世界選手権で8強入りし、メダルにあと一歩と迫ったウエルター級(上限69キロ)の岡沢セオン(24、鹿児島県体協)。「打たせずに打つ」理想を追求してきたアウトボクシングで、五輪ではメダルを狙う。

「戦績を言うと驚かれるんです」。岡沢はいたずらっぽく白…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
取材に応じるアーティスティックスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチ=共同共同

 長年アーティスティックスイミング(AS)日本代表を率いてきた井村雅代ヘッドコーチは、コロナ禍での活動を「限られた環境でどのように工夫し、成長できるかが問われている」と強調する。まとまって代表として練 …続き (6/4)

松田は昨年9月のワールドゲームズで条件付き東京五輪出場権を獲得した=共同共同

 東京五輪で初採用されるサーフィンの代表権を条件付きで獲得している松田詩野(17)がこのほどオンラインでの取材に応じ、「今はトレーニングする時間がたくさんある。1年後にもっと自信を持って挑めるメンタル …続き (5/28)

15歳から26歳まで年齢層の幅広いチームのまとめ役。「今の時間を有意義に使えている」という共同

 年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は …続き (5/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]