キンカン ポリフェノール豊富、風邪予防にも
彩時季

コラム(社会・くらし)
2020/1/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鮮やかなオレンジ色のキンカン(金柑)。寒さが厳しくなる12~2月に出荷のピークを迎える。冬の日差しに照らされると、黄金色に見えるのが名前の由来だ。かんきつ類では珍しく、外側の皮まで生でも食べられる。キンカンの果肉には疲労回復に効果のあるビタミンC、皮には「ヘスペリジン」という抗酸化作用のあるポリフェノールなどが豊富に含まれている。体調を崩しがちな冬場におすすめの食材の一つだ。

原産地は中国の中南…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]