/

この記事は会員限定です

5四半期ぶり営業増益 日本電産、構造改革が下支え

省エネ型モーター伸びる

[有料会員限定]

日本電産の業績に復調の兆しが見えてきた。23日発表した2019年10~12月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比15%増の326億円だった。四半期ベースの営業増益は、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)が「尋常でない変化が起きた」と発言した18年10~12月期決算で減益に転じてから5四半期ぶり。産業ロボット向けモーターは依然振るわないものの、省エネ関連製品が下支えした。ただ、電気自動車(E...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン