/

この記事は会員限定です

イタリア政局、混迷深める 与党トップ辞任 外交・経済政策停滞も

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=細川倫太郎】イタリアの最大与党「五つ星運動」のディマイオ外相が党首を辞任したことを受け、伊政局が再び混沌としてきた。コンテ首相が率いる政権の不安定さが増し、外交や経済政策の停滞を招く恐れがある。支持率が高い極右政党が勢いづく可能性も高い。

「ひとつの時代が終わる。私は自分の任務を終えた」。22日、ディマイオ氏は党首辞任を表明した党の会合で無念の表情で語った。党内でリーダーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン