インハウス弁護士、5年で2倍 働き方改革など業務広がる

2020/1/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民間企業で働く「インハウス」の弁護士が増えている。2019年は2400人を超え、5年前の2倍になった。M&A(合併・買収)や訴訟だけでなく、コーポレートガバナンス(企業統治)などで法律の専門知識が求められているからだ。司法制度改革で4万人余りに増えた弁護士にとって、働き口の選択肢の一つになっている。

日本組織内弁護士協会(東京・文京)によると、19年6月時点のインハウス弁護士は2418人だった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]