関西発「スポーツCAFE」

フォローする

最優秀2歳馬、関西勢が独占 クラシック主役へ

2020/1/28 3:00
保存
共有
印刷
その他

2019年のJRA賞が7日に発表され、最優秀2歳牡馬はコントレイル(栗東・矢作芳人厩舎)、最優秀2歳牝馬はレシステンシア(同・松下武士厩舎)と、ともに関西馬が選ばれた。年が明けて3歳シーズンを迎えた両馬は、20年のクラシック戦線の主役となりそうだ。

コントレイルは19年の最優秀2歳牡馬に選ばれた

コントレイルは19年の最優秀2歳牡馬に選ばれた

コントレイルは19年9月のデビュー以来3戦3勝。2戦目の東京スポーツ杯2歳ステークス(G3、東京芝1800メートル)では重賞初制覇を飾った。道中は中位を追走。最後の直線に入って末脚を伸ばし、残り400メートル付近で先頭に立つと、後続を突き放した。2着馬には5馬身もの差をつけた。走破タイムの1分44秒5は破格の記録で、2歳馬による日本レコードを更新した。

次のG1、ホープフルステークス(中山芝2000メートル)では先行集団から抜け出して優勝した。2着には1馬身半差と、東京スポーツ杯2歳Sより後続との着差は小さくなったとはいえ、最後は鞍上(あんじょう)の福永祐一が手綱を抑える余裕十分の勝ちっぷりだった。

ホープフルSでは2000メートルの距離がこなせるかが大きな課題だった。父はディープインパクトだが、母は現役時代に短距離で走っていた馬で、コントレイルの兄も姉も短距離を中心に活躍しているためだ。

序盤こそ前に行きたがる面をみせたものの、完勝だった結果からは2000メートルに問題はなさそう。課題は克服したといえる。5月の日本ダービー(G1、東京)の2400メートルに対応できるかは不透明だが、ホープフルSと全く同じ舞台で行われる4月の皐月賞(G1)では優勝候補となる。「いずれは日本を代表する馬になってほしい」と福永が寄せる期待も大きい。

レシステンシアもデビュー以来3戦3勝とまだ敗れていない。19年10月のデビュー戦ではコーナーで外に行きたがる面をみせていたが、そうした欠点も解消しており、レースを重ねるごとに内容が良くなっている。

昨年の2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(G1、阪神芝1600メートル)は、前半600メートル33秒7という速いペースで逃げながらも最後の直線で後続を突き放し、2着に5馬身差をつける快勝だった。騎乗した北村友一はレース前、精神面が課題と考えていた。だが、「(G1で)お客さんが多い中でもどっしりしていた」。成長を実感したようだ。

レシステンシアも距離延長が課題となるが、少なくとも牝馬の1冠目、4月の桜花賞(G1、阪神芝1600メートル)までは優勝争いの中心となりそうだ。

(関根慶太郎)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
フルフラットは日本調教馬としてサウジで初勝利=ロイターロイター

 日本調教馬未踏の地で関西馬が活躍した。1着賞金が1000万米ドル(約10億円)という世界最高賞金レース、サウジカップが2020年、サウジアラビアで新設された。2月29日に首都リヤドのキングアブドルア …続き (3/15)

昨年のフェブラリーSを制した武豊騎乗のインティ(右)=共同共同

 2020年最初の中央競馬のG1、フェブラリーステークス(23日、東京・ダート1600メートル)で関西馬のインティ(牡6、栗東・野中賢二厩舎)が同レース連覇を狙う。前哨戦の東海ステークス(G2、京都ダ …続き (2/16)

コントレイルは19年の最優秀2歳牡馬に選ばれた共同

 2019年のJRA賞が7日に発表され、最優秀2歳牡馬はコントレイル(栗東・矢作芳人厩舎)、最優秀2歳牝馬はレシステンシア(同・松下武士厩舎)と、ともに関西馬が選ばれた。年が明けて3歳シーズンを迎えた …続き (1/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]