電通、漫画コンテンツ「n次流通」にブロックチェーン

2020/1/23 12:01
保存
共有
印刷
その他

「n次流通プロジェクト」の研究対象のイメージ(出所:電通)

「n次流通プロジェクト」の研究対象のイメージ(出所:電通)

日経クロステック

電通は2020年1月22日、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツのマネタイズに関する共同研究プロジェクト「n次流通プロジェクト」を開始すると発表した。電通国際情報サービスVOYAGE GROUP(東京・渋谷)、シビラ(大阪市)、角川アスキー総合研究所(東京・文京)、朝日新聞社、スタートバーン(東京・文京)と共同で実施する。

漫画などのコンテンツを基に別の新たなコンテンツを創作することを「n次創作」という。電通内のR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」は原著作者ら一次創作者と連携し、原著作者とn次創作者の双方が受け取るインセンティブについて設計を行うことで、コンテンツの新しいマネタイズ可能性を検討する。

共同研究を進めながら、20年3月に漫画コンテンツのn次流通の実証実験を行う予定である。例えば著作者・出版社が著作物を発行し(一次流通)、それをファンがSNSで作品を拡散(二次流通)。それを見た他のファンが原作を基にした新たな創作物を制作してSNS上で公開し(三次流通)、それがまた別のファンによってその人が行うライブ配信で利用される(四次流通)という展開をイメージする。

今回の実験にはブロックチェーン技術を活用する。実験の目的には、(1)「n次流通」に関与したユーザーおよび製作者への正当なインセンティブ設計、(2)コンテンツの価値を高めるn次創作活動の啓発、(3)信頼できるコンテンツとユーザーの関係性の定義――の3点を挙げる。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2020年1月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]