新型肺炎に警戒強まる 空港やホテルで水際対策

新型肺炎
2020/1/23 10:50 (2020/1/23 23:09更新)
保存
共有
印刷
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、国内の空港や宿泊施設などが警戒を強めている。24日からの中国の春節(旧正月)による大型連休を控え、水際対策や予防対応に追われている。

武漢との直行便が週に15便ある成田空港では、検疫所などに中国語や英語でせきや発熱などがある場合に申告するよう求めるポスターを掲示。利用者に注意喚起している。

サーモグラフィーで体温を測る装置では、武漢からの…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]