/

NYダウ小幅続落、9ドル安 ボーイング株安が重荷

【NQNニューヨーク=張間正義】22日の米株式相場は小幅に続落した。ダウ工業株30種平均は前日比9ドル77セント安の2万9186ドル27セントで終えた。主力小型機「737MAX」の運航再開に不透明感が強まった航空機のボーイングが下落し、ダウ平均の重荷となった。一方、前日夕に6四半期ぶりの増収決算を発表したIBMが上げ、下値を支えた。

ボーイングは3%強下げる場面があった。ユナイテッド航空ホールディングスの首脳が22日、737MAXについて「今年の夏は飛ばさないと思う」と述べ、運航再開の遅れが懸念された。アナリストによる目標株価の引き下げが相次いだのも売りを誘った。

米CNNの世論調査で米大統領選の民主党の候補者争いで、サンダース上院議員がバイデン前副大統領を抜いて首位に立った。急進左派で株式市場には逆風との見方が多いサンダース氏が優勢となり、投資家心理を冷やした。

22日朝に発表した2020年12月期の利益見通しが市場予想を下回った医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンが下落した。建機のキャタピラーや化学のダウなど中国売上高の高い銘柄の一角も安い。中国の新型肺炎の影響を警戒した売りに押された。

一方、ハイテク株の一角に買いが入り、相場を下支えした。アップルは「半導体メーカーにiPhone向けの増産を要請した」と伝わり、販売拡大の思惑を誘った。アナリストが目標株価を引き上げた半導体のインテルは4%近く上昇して終えた。

前日に売り材料となった新型肺炎については、中国関連株を除けば相場の影響は限られた。中国政府が拡大阻止に動いており、世界経済や企業業績への悪影響は大きくはならないとの見方があった。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比12.961ポイント(0.1%)高の9383.768で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン