/

民主候補争い、サンダース氏が首位に 米CNN調査

【ワシントン=永沢毅】2020年米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで、サンダース上院議員がバイデン前副大統領を抜いて米CNNの世論調査で初めて首位に立った。アイオワ州で予備選の皮切りとなる党員集会が開かれる2月3日まで2週間を切り、各候補のつばぜり合いが激しくなっている。

サンダース上院議員(右)はCNN世論調査で支持率がバイデン前副大統領(左)を上回った=ロイター

CNNの22日の発表によると、サンダース氏の支持率は27%、バイデン氏は24%だった。ウォーレン上院議員が14%、インディアナ州サウスベンド前市長のブティジェッジ氏が11%、ブルームバーグ元ニューヨーク市長が5%で続いた。

サンダース氏の支持率は19年12月の前回調査から7ポイント上昇する一方、バイデン氏は2ポイント低下。サンダース氏は初戦のあるアイオワ州の一部調査でも首位に立つなど、勢いを増している。ただ、米政治専門サイトのリアル・クリア・ポリティクスによる各種世論調査の平均ではバイデン氏(28%)がサンダース氏(21.9%)をなおリードしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン