/

12月の米中古住宅販売、3.6%増 約2年ぶり高水準

【ワシントン=長沼亜紀】全米不動産協会(NAR)が22日発表した2019年12月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で前月比3.6%増の554万戸と、1年10カ月ぶりの高水準だった。増加は2カ月ぶりで、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(543万戸程度)を上回った。前年同月比では10.8%増と大幅に増加した。

米中古住宅販売は12月、大きく回復した=ロイター

販売価格(中央値)は27万4500ドル(約3020万円)で前年同月比7.8%値上がりした。NARのエコノミストは「住宅価格が急騰している」と指摘。都市部で手ごろな価格の物件が少なくなっており、住宅市場拡大の足かせになる懸念がある。

19年の販売件数は年前半は低迷したものの後半に回復し、通年実績は前年から横ばいの534万件だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン