/

文系AI人材になろう ビジネス利用の基礎知識を伝授

八重洲ブックセンター本店

1階入り口のメインの平台に4列で展示する(八重洲ブックセンター本店)

ビジネス街の書店をめぐりながら、その時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今回は定点観測している八重洲ブックセンター本店だ。今月の新刊もだいぶ出そろってきて、店頭はにぎわっているようにも見えるが、初速の勢いは予想外に鈍く、19年後半の売れ筋がビジネス書全般の売れ行きを支えている状況だ。そんな中、書店員が注目するのは、人工知能(AI)を使いこなす文系人材になる基礎知識や考え方をまとめた本だった。

AIをどう使いこなすか

その本は野口竜司『文系AI人材になる』(東洋経済新報社)。著者の野口氏はデジタルマーケティング支援系のスタートアップ企業で長くAI活用の推進や人材育成に取り組み、19年からZOZOの関連会社で、AIビジネスの推進役を務める。自らも文系出身でAI推進プロジェクトを数多く手掛けてきた立場から、文系AI人材の必要性と、そうした人材になるために必要な知識をわかりやすく説いたのがこの本だ。

「AI技術が一般化し誰もがAIを気軽に扱えるようになった今、『AIをどう作るか?』よりも、『AIをどう使いこなすのか?』のほうが大きな課題になりつつあります」と著者はいう。「そこで重要になるのが、ビジネスの現場も知っている文系AI人材なのです」。これが本書の立ち位置だ。

AIに仕事を奪われるというようなマイナスの受け止め方が日本では強いが、むしろ新たにAIに関連した仕事がどんどん生まれてくるのがこれからの状況だと著者はいう。文系の人材が活躍できる仕事を列挙したあとで、文系AI人材になるための4つのステップを示していく。

8タイプの分類を丸暗記せよ

最初のステップは「AIのキホンは丸暗記で済ます」。これに第2ステップ「AIの作り方をザックリ理解する」が続く。極力専門用語を使わず、プログラミングや統計・数理的なことの中身に触れないという方針で説明されるAIの基本とは、AIをタイプ別に分類して覚えておくことだ。「識別系」「予測系」「会話系」「実行系」という機能別4タイプと、「代行型」「拡張型」という役割別2タイプを掛け合わせた8タイプの分類が示され、例えば予測系×拡張型タイプなら、顧客行動予測や需要予測などビッグデータからの大規模予測ができるといった使い道がわかってくる。

こうした基本の知識を把握したあとで、第3ステップの「AI企画力を磨く」へと進む。AIに何をさせるかを考えていく部分で、ここに文系人材のビジネスでの経験や知識が生かされる。ビジネスで起こしたい変化を考え、そこにAIのタイプを組み合わせる。そんなアイデアの種を解像度を上げて、実行可能なAI企画に練り上げていく。「ポイントは、AIを過大評価も過小評価もしないこと」といった注意点や、企画の解像度を上げる思考法のツールなどが示される。

総仕上げの第4ステップ「AI事例をトコトン知る」では、様々な業界のAI導入事例が45例にわたって1つ2~3ページでコンパクトに紹介されていく。自分の仕事にひき付けてAIを使う企画を考えるときに、格好のヒントになるだろう。

「文系人材というターゲットに刺さったのか、今月の新刊の中では反応がよく、よく売れている」とビジネス書を担当する本店マネジャーの川原敏治さんは話す。

『FACTFULNESS』など19年の話題書が上位に

それでは、先週のベスト5をみておこう。

(1)ドラッカー5つの質問山下淳一郎著(あさ出版)
(2)FACTFULNESSH・ロスリングほか著(日経BP)
(3)会社四季報 業界地図 2020年版東洋経済新報社編(東洋経済新報社)
(4)2030年の世界地図帳落合陽一著(SBクリエイティブ)
(5)20代女子投資家が伝える誰も教えてくれなかったお金の話奈湖ともこ著(プラチナ出版)

(八重洲ブックセンター本店、2020年1月12~18日)

1位と5位は店内で開いたイベントで売り上げを伸ばした。店頭の実売では2位に入った『FACTFULNESS』がトップの売れ行き。19年のベストセラーとして改めて紹介される機会が増えたことで買い逃していた人たちが反応したようだ。3位に業界研究本、4位には19年11月刊の人気の著者、落合陽一氏による未来予測本が入った。紹介した実践的AI本は、10位だった。

(水柿武志)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン