液体のり成分でがん治療効果が向上 東工大など

2020/1/23 4:00
保存
共有
印刷
その他

東京工業大学の野本貴大助教や西山伸宏教授らの研究グループは、市販の液体のりの成分を使い、放射線によるがん治療の効果を高める手法を開発した。のりの成分などを混ぜた薬剤をマウスに投与したところ、従来の手法よりがんを小さくすることができた。安価に薬剤を作れる手法として、5年以内に臨床試験(治験)を始めたい考えだ。

京都大学などとの共同研究成果。がん免疫療法に次ぐがん治療法として期待される「ホウ素中性子…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]