分包の粉薬、光で調剤の正誤判別 就実大発企業が装置

2020/1/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1回の服用量ごとに分包された粉薬の成分を4秒で判別し、調合の誤りを検知できる装置が今春にも、製品化される。就実大学(岡山市)の薬学部の教員が立ち上げたスタートアップ、ウィズレイ(同)が開発した調剤支援装置で、薬に光を当てて反射率を分析する。小児科など粉薬の処方が多い病院や調剤薬局向けで、薬剤師の業務負担の軽減に役立ててもらう。

「コナミル」と名付けた装置は幅と奥行きが共に21センチで、高さは15…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]