/

この記事は会員限定です

中国行き航空券、1年前の半値 新型肺炎も追い打ち

[有料会員限定]

中国行きの航空券が安い。日本と北京や上海を結ぶ路線は1年前に比べ5~6割安く、往復5000円(燃油サーチャージ・諸税別)の便もある。昨年秋に北京大興国際空港が開業し両国を結ぶ便数が増える一方、訪中旅行の需要が盛り上がりを欠いているためだ。新型肺炎で中国旅行を自粛する動きも出ている。

格安航空券サイト「ena(イーナ)」を運営するエアプラス(東京・港)によると、1月下旬の春節(旧正月)以降、2~3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン